海外旅行での保険の必要性

海外旅行での保険の必要性

自分自身の体験としての海外旅行

初めて海外旅行に行った人が体験することの代表が、いわゆるカルチャーショックと言われるものです。現代のように情報があふれている時代には、既に海外に滞在したことのある人々の体験談などで、あらかじめ行く予定の国の習慣や文化についての知識を学ぶ事ができます。ところが今のように、多くの人が比較的気軽に海外に行けなかった時代には、外国に行くということは、まさに未知の地域に行く緊張感にあふれていたはずです。それに対し、テレビや雑誌などで、実際に海外に行かなくても、外国の様子を見たり、読んだりできる現代は、何となく知識だけでその国の事が分かったような気になるものです。

しかしどんなに知識があっても、実際にその場に行くと、本で読んだこととはまた違った面が見えてくるなど、思いがけないことに出会うこともあるのです。その意味で、海外旅行をする時は、どんなにその国についての知識があっても、素直な気持ちでその国の人々や文化に接するという心がけが大切です。でなければ、既にある知識が邪魔をして、自分の知らなかったその国の全く別の面が見えなくなってしまう可能性があります。一方出来合いの観光だけで満足したら、実際にそこに行った価値も半減するでしょう。自分の脚で歩き自分の目で確かめ、違った価値観を知る、これこそが海外旅行の本当の醍醐味なのです。

Copyright (C)2019海外旅行での保険の必要性.All rights reserved.