海外旅行での保険の必要性

海外旅行での保険の必要性

海外旅行の食事に際しての注意

海外旅行の際に最も気を使うべきは食事でしょう。行き先で必ず食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりするわけですが、日本の常識のままでいると、思わぬ腹痛に見舞われる可能性があります。たとえば、ヨーロッパに行ったとき、向こうでは、主に硬水が主流です。日本の軟水に慣れていると、変な感覚に見舞われるでしょう。それに、そもそも水道水の水が飲めるところはごく稀です。

途上国に行くときなどはさらに注意が必要です。日本のような清潔な地域で育った人は、菌に対する免疫を持っていない人が多く、現地の人が大丈夫なものでも、日本人なら簡単にお腹を壊すといった例も珍しくありません。食べ物を食べる際は細心の注意が必要です。干し納豆が、腹痛から守ってくれるという人も一部でいます。腹痛対策の薬は必ず持って行きましょう。

また、現地の味付けは、現地の人の嗜好に合わせたものというのも忘れてはいけません。辛すぎる、脂っこすぎるなど日本人の口には合わないということもあります。日本に輸入され、改良された食品などでは特に誤解しやすく、日本で食べているものと同じものと思って食べると、全然味が違っていたということもあるのです。日本食が恋しくなったときのために、インスタント味噌などを持っていくとよいかもしれませんね。

Copyright (C)2019海外旅行での保険の必要性.All rights reserved.